日本サプリメントアドバイザー認定機構-- 日本臨床栄養協会 --
日本臨床栄養協会 日本サプリメントアドバイザー認定機構
  お問合せ
 
ホーム > 日本臨床栄養協会について
・設立趣旨[理事長挨拶]
・主な事業
・認定機構の趣意
・定款
・役員および委員
・組織図
・主な活動経緯と学術大会
(大連合大会)
・活動報告と事業計画
・NR・サプリメントアドバイザーの役割と職域
・認定対象者
・認定制度
・教育企画
・受験から更新までの流れおよび費用
・研修単位の取得方法
・通信教育要項
・認定試験
・認定試験のための公認テキスト
・Q&A
・会員の種類
・入会金・年会費・通信教育受講料
・正会員申込方法
・会員情報登録用紙
・資格認定者の内訳
・NR制度移管による
学校養成講座一覧
・参考書籍の紹介
・認定制度の紹介
・個人情報の保護に関して
・リンク集

サプリメントフォーラム2010

『食物繊維・プロバイオティックスを考える:基礎と臨床Up to Date』

  本年も8月28・29日に名古屋国際会議場にて開催する第31回日本臨床栄養協会総会(第8回大連合大会)のプログラムにある【サプリメントフォーラム】を収録したDVDを制作致しました。 今年のサプリメントフォーラムは、『食物繊維・プロバイオティックス』をテーマに最新情報と『日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー』の実際の活動報告をお届けします。 サプリメントフォーラム収録DVDは毎年制作していきますので、ライブラリー化して大いにご活用下さい。


【内容】
座長
奥 恒行(長崎県立大学副学長 看護栄養学部教授)
脇 昌子(静岡市立静岡病院 内科診療部長)

(1)プロバイオティックスの生体調節作用
  上野川修一(日本大学生物資源科学部教授)
(2)プロバイオティック乳酸菌のヒト腸管付着性機構の解明と利用
  齋藤 忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)
(3)上部消化管へのプロバイオティクス臨床応用
  古賀 泰裕(東海大学医学部基礎医学系感染症研究室教授)
(4)プロバイオティックス投与は、未熟児病的新生児の腸内細菌叢の確立に栄養(特に
  母乳)共に不可欠。
 ―多量の抗生剤、免疫抑制剤により疲弊した癌患者の腸内細菌叢の回復にも有効―

 山城雄一郎(順天堂大学大学院プロバイオティクス研究講座特任教授)
(5)サプリメントアドバイザー活動報告
  管理栄養士の立場でのサプリメントアドバイザーの活用
  平林利恵子(中京サテライトクリニック)

Copyright (C) The Japanese Clinical Nutrition Association. All Rights Reserved.