日本サプリメントアドバイザー認定機構-- 日本臨床栄養協会 --
日本臨床栄養協会 日本サプリメントアドバイザー認定機構
  お問合せ
 
ホーム > お知らせ
・理事長挨拶
・設立趣旨
・認定機構趣意
・定款
・組織図
・役員および委員
・主な活動経緯と学術大会
(大連合大会)
・活動報告と事業計画
・日本臨床栄養協会
近畿地方会
・日本臨床栄養協会
関東地方会
・栄養カウンセリング研修と
栄養相談専門士
・協会誌「New Diet Therapy」
・会員の種類
・利益相反(COI)管理指針
・研修認定薬剤師制度
・NR・サプリメントアドバイザーの役割と職域
・認定制度
・教育内容
・資格認定から更新までの
流れと費用
・研修単位の取得方法
・通信教育要項
・認定試験
・認定試験のための公認
テキスト
・サプリメントフォーラムDVD
・資格認定者の内訳
・NR制度移管による
学校養成講座一覧
・参考書籍の紹介
・認定制度の紹介
・ポスター・POP
・入会・年会費
通信教育 受講料
・正会員申込方法 ・正会員申込方法/NR移籍手続き
・団体会員要項・申込方法
・学校会員要項・申込方法
・日本臨床栄養協会に関するQ&A
・NR・サプリメントアドバイザー制度に関するQ&A
・イベント開催報告
・メディア掲載
・講師派遣要請
・事務局所在地
・案内チラシ
・リンク集
・個人情報の保護に関して

(独)国立健康・栄養研究所『NR(栄養情報担当者)事業』の移管・
受入れについて


  会員の皆様には、日頃より当協会の諸活動にご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。
  さて、このたび厚生労働省内の事業仕分けにより、独立行政法人国立健康・栄養研究所(以下、研究所)実施のNR(栄養情報担当者)事業が私共日本臨床栄養協会(以下、協会)に移管され、サプリメントアドバイザー制度と統合されることになりました。
  厚生労働省がアドバイザリースタッフの必要性とガイドラインを発表して以来、このガイドラインに則って、研究所と協会は独自に制度を立ち上げ、ほぼ10年が経過しています。
  研究所では「会員制度を持たず」「受験資格を得るための研修はすべて外部委託」「登録認定校の学生は、通信教育ではなく学内で実施のカリキュラムの履修をもって受験資格を取得」等、すべてを一気通貫で実施している協会の仕組みとは大きく異なるため、移管・統合の調整には時間を要しましたが、この度別添内容の通り合意に達し、皆様にお知らせ出来る運びとなりました。
  新しい統合資格の名称は「NR・サプリメントアドバイザー」となり、平成24年4月からNR資格者の方々が順次協会に移籍してこられます。これに伴い、従来のサプリメントアドバイザーも新しい称号となります。
  また、新たに研究所および協会のメンバーによる新教育企画認定委員会が編成され、平成24年度以降の資格者向け研修のあり方、平成25年度以降の統合資格認定試験に向けての新テキストの編纂、試験問題の作成等様々な準備作業が始まります。
  私共はこの度の統合が、会員の皆様にとって意義のある統合であったと喜んで頂けるよう努力を重ねて参りたいと思います。
  具体的な内容は、決まり次第、協会誌やホームページを通じてお知らせしていきますのでよろしくお願い申し上げます。
  それでは会員の皆様の益々のご研鑽とご活躍をお祈りしご挨拶と致します。



平成23年9月吉日

一般社団法人日本臨床栄養協会
理事長  橋詰 直孝


Copyright (C) The Japanese Clinical Nutrition Association. All Rights Reserved.