日本サプリメントアドバイザー認定機構-- 日本臨床栄養協会 --
日本臨床栄養協会 日本サプリメントアドバイザー認定機構
  お問合せ
 
ホーム > お知らせ
・理事長挨拶
・設立趣旨
・認定機構趣意
・定款
・組織図
・役員および委員
・主な活動経緯と学術大会
(大連合大会)
・活動報告と事業計画
・日本臨床栄養協会
近畿地方会
・日本臨床栄養協会
関東地方会
・協会誌「New Diet Therapy」
・会員の種類
・NR・サプリメントアドバイザーの役割と職域
・認定制度
・教育内容
・資格認定から更新までの
流れと費用
・研修単位の取得方法
・通信教育要項
・認定試験
・認定試験のための公認
テキスト
・サプリメントフォーラムDVD
・資格認定者の内訳
・NR制度移管による
学校養成講座一覧
・参考書籍の紹介
・認定制度の紹介
・入会・年会費
通信教育 受講料
・正会員申込方法
・団体会員要項・申込方法
・学校会員要項・申込方法
・日本臨床栄養協会に関するQ&A
・NR・サプリメントアドバイザー制度に関するQ&A
・イベント開催報告
・メディア掲載
・講師派遣要請
・事務局所在地
・案内チラシ
・リンク集
・個人情報の保護に関して

ifia/ HFE JAPAN開催報告
「要介護から健康な高齢者になるための取り組み」

2013年5月15日(水)、16日(木)、17日(金)と東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウムにてifia/ HFE JAPANが開催された。
公式サイト >>> http://www.ifiajapan.com/
当協会橋詰直孝理事長は、下記プログラムにて「高齢者の自立と疾患、栄養状態の関連」をテーマに講演を行った。

○セッションK:5月16日(木)14:00-16:30
「要介護から健康な高齢者になるための取り組み〜フィールドワークからの情報発信〜」

講演1:5月16日(木)14:00-15:10 高齢者の自立と疾患、栄養状態の関連
      橋詰直孝(人間総合科学大学 人間科学部健康栄養学科 教授)

講演2:5月16日(木)15:10-16:20 要介護を予防する取り組み〜フィールドワークからの情報発信〜
      星 旦二(首都大学東京 都市システム科学域 教授)

講演3:5月16日(木)16:20-16:30 長寿いきいき研究所について
      長寿いきいき研究所事務局

講演1では、高齢者が要介護にならない予防法を探るため、自立高齢者と入院高齢者の栄養状態に関する一連の研究データを基に発表がなされた。

講演2では、現在関西の地域に密着した有料老人ホームに入所された人を対象に、入所後の生存維持状況や要介護度の改善度合いを全国と比較し、介護予防効果を呈示していることを追跡調査によって明確にすることを目的とした研究について発表された。施設の入所者は、入所後の改善割合が高く、施設が取り組む口腔ケア、温泉療法、おいしい食の提供など高齢者支援活動の成果がでている可能性が高いと纏められた。演者は、健康長寿プロジェクト(高齢者を寝たきりにさせない研究)の顧問として活動している。

講演3では、経済産業省の委託事業として、介護業務の合理化、介護スタッフの負担軽減を研究テーマとした産学共同の長寿いきいき研究所の取り組みについて発表がなされた。
長寿いきいき研究所>>> http://ikiiki-laboratory.com/index.html




Copyright (C) The Japanese Clinical Nutrition Association. All Rights Reserved.