日本サプリメントアドバイザー認定機構-- 日本臨床栄養協会 --
日本臨床栄養協会 日本サプリメントアドバイザー認定機構
  お問合せ
 
ホーム > 日本臨床栄養協会について
・理事長挨拶
・設立趣旨
・認定機構趣意
・定款
・組織図
・役員および委員
・主な活動経緯と学術大会
(大連合大会)
・活動報告と事業計画
・日本臨床栄養協会
近畿地方会
・日本臨床栄養協会
関東地方会
・栄養相談専門士制度と
栄養カウンセリング研修
・協会誌「New Diet Therapy」
・会員の種類
・利益相反(COI)管理指針
・研修認定薬剤師制度
・NR・サプリメントアドバイザーの役割と職域
・認定制度
・教育内容
・資格認定から更新までの
流れと費用
・研修単位の取得方法
・通信教育要項
・認定試験
・認定試験のための公認
テキスト
・サプリメントフォーラムDVD
・資格認定者の内訳
・NR制度移管による
学校養成講座一覧
・参考書籍の紹介
・認定制度の紹介
・ポスター・POP
・入会・年会費
通信教育 受講料
・正会員申込方法 ・正会員申込方法/NR移籍手続き
・団体会員要項・申込方法
・学校会員要項・申込方法
・日本臨床栄養協会に関するQ&A
・NR・サプリメントアドバイザー制度に関するQ&A
・イベント開催報告
・メディア掲載
・講師派遣要請
・事務局所在地
・案内チラシ
・リンク集
・個人情報の保護に関して

2017年度NR・サプリメントアドバイザーレベルアップセミナー


  主催:一般社団法人 日本臨床栄養協会
  後援:一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会

「NR・サプリメントアドバイザー」は、保健機能食品およびサプリメントについて、消費者に対して専門的観点から個人の栄養状態を評価し、適切にアドバイスできる資格です。
本年度は、下記6会場にてセミナーを開催いたします。
会員、非会員を問わず、どなたでも勉強していただける機会です。ぜひご参加ください。

【名古屋会場】
◆開催日 2017年4月22日(土)13:00-16:00(12:00受付開始)
◆会 場 ウインクあいち10階大会議室1001(名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
*JR名古屋駅「桜通口」からミッドランドスクエア方面徒歩5分、ユニモール地下街・5番出口徒歩2分
◆定 員 100名
◆プログラム 演題1「薬とサプリメントの併用はどう考えたらいいのでしょうか」
   有限会社ファーマシューティカルケア研究所 研究所所長 中原保裕先生
演題2「認知症予防と栄養」
   島根大学医学部(環境生理学)特任教授 橋本道男先生

【仙台会場】
◆開催日 2017年5月13日(土)13:00-16:00(12:00受付開始)
◆会 場 フォレスト仙台第1フォレストホール (仙台市青葉区柏木1-2-45)
*JR仙山線「北仙台駅」より徒歩10分、地下鉄南北線「北四番丁駅・北2出口」より徒歩7分
◆定 員 100名
◆プログラム 演題1「在宅医療へとつながる栄養サポート」
   東邦大学医学部臨床支援室教授 鷲澤尚宏先生
演題2「認知症の原因疾患を踏まえた摂食嚥下障害の特徴と支援」
   北海道医療大学大学院看護福祉学部看護学科教授 山田律子先生

【福岡会場】
◆開催日 2017年5月20日(土)13:00-16:00(12:00受付開始)
◆会 場 電気ビル共創館3階カンファレンスA(福岡市中央区渡辺通2-1-82)
*西鉄「薬院駅」徒歩7分、地下鉄七隈線「渡辺通駅」電気ビル本館B2Fへ直結
◆定 員 100名
◆プログラム 演題1「運動による脂肪組織のリモデリング」
   同志社大学スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科教授 井澤鉄也先生
演題2「交感神経−副腎髄質のカテコールアミン動態に及ぼす植物フラボノイドの影響」
   産業医科大学医学部薬理学教授 柳原延章先生

【大阪会場】
◆開催日 2017年6月3日(土)13:00-16:00(12:00受付開始)
◆会 場 大阪リバーサイドホテル6階大ホール(大阪市都島区中野町5-12-30)
*JR大阪環状線「桜ノ宮駅・西口」より徒歩3分、地下鉄谷町線「都島駅・2番出口」より徒歩7分
◆定 員 350名
◆プログラム 演題1「サプリメントアップデート2017」
   医療法人財団 百葉の会銀座医院院長補佐・抗加齢センター長 久保明先生
演題2「身体運動とポリフェノールにより生じる脂肪細胞の振る舞い方の違い」
   旭川医科大学医学部健康科学講座講師 小笠原準悦先生

【岡山会場】
◆開催日 2017年6月18日(日)13:00-16:00(12:00受付開始)
◆会 場 オルガホール(岡山市北区奉還町1−7−7オルガビルB1)
*JR「岡山駅・西口」より徒歩7分
◆定 員 100名
◆プログラム 演題1「健康サポートにおけるサプリメントの役割と実際」
   武庫川女子大学薬学部薬学科教授 篠塚和正先生
演題2「日本人の食事摂取基準(2015年版)からみた動脈硬化性疾患の管理」
   東京慈恵会医科大学基礎・臨床講座臨床医学研究所客員教授 多田紀夫先生

【東京会場】
◆開催日 2017年7月9日(日)13:00-16:00(12:00受付開始)
◆会 場 有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F)
*JR山手線・京浜東北線「有楽町駅・中央口又は銀座口」、東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅 C4出口」、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D7出口よりいずれも徒歩1〜2分
◆定 員 500名
◆プログラム 演題1「緩和医療における食事・栄養について」
   大妻女子大学家政学部食物学科教授 川口美喜子先生
演題2 「栄養士、薬剤師が知っておきたい糖尿病の運動療法」
   目白大学保健医療学部理学療法学科准教授 万行里佳先生

◆単位認定 NR・サプリメントアドバイザー【10単位】
健康食品管理士【5単位】
食品保健指導士【1単位】
研修認定薬剤師制度【1単位】
◆参加費
  (各回)
日本臨床栄養協会会員、健康食品管理士、食品保健指導士3,000円/一般5,000円
◆振込先 昭和信用金庫 大橋支店 普通1105886
日本サプリメントアドバイザー認定機構
【お振込の際の注意点】
@ご依頼人名義の前に必ず下記のいずれかをご入力下さい。(一般の方は不要)
  【日本臨床栄養協会会員番号6桁】/【健康食品管理士番号5桁以内】/【食品保健指導士番号8桁】
A振込手数料は各自ご負担下さい。
B領収書は、発行致しません。入金時の控えを大切に保管して下さい。
  申込み者と振込名が異なる場合は、必ず備考欄にその旨をご記入下さい。
Cお振込み手続き完了後のキャンセルの場合、ご返金は出来ません。
◆申込み方法 下記の【お申込みはこちら】よりお申込下さい。
お申込と同時に参加費を入金して下さい。入金確認後、受付完了となります。
◆持ち物 @NR・サプリメントアドバイザーの方:日本臨床栄養協会2017年度会員証
*NR・サプリメントアドバイザーの方は、2017年度会員証にて研修単位を登録しますので、必ずお持ち下さい。
A健康食品管理士の方:健康食品管理士会員証
B食品保健指導士の方:食品保健指導士認定証
◆問合せ 一般社団法人日本臨床栄養協会事務局
E-mail:ojsaa2001@zpost.plala.or.jp URL http://www.jcna.jp



現在受付中の研修会一覧にもどる
Copyright (C) The Japanese Clinical Nutrition Association. All Rights Reserved.