2021.02.17

得た知識を実践に移すことで高まる資格です

NR・SAサポーター 松谷大さん

松谷 大さん

松谷大さん

Q1.NR・サプリメントアドバイザーを受験しようと思ったきっかけはなんですか?

 私は単科精神病院に努めています。現在の日本の入院病床数のおよそ20%は精神科の入院病床であり、それに伴い長期入院、高齢化、ポリファーマシーなどの問題を抱えています。そういった患者様を支えていくにはより専門的な栄養の知識と実施方法を得ることが必要と考えました。また、私自身、競技としてウルトラマラソン、トレイルランニングを行っていますが年齢も40を越え、より効率的に競技能力と回復の向上を図るため、栄養とサプリメントの知識が不可欠と考えたことがこの受験のきっかけです。

Q2.NR・サプリメントアドバイザーを受験するにあたり、おすすめの勉強法や、私はこうやって工夫して合格を勝ち取った!などのエピソードを教えてください

 特に工夫したことはありません。配信された動画を視聴しながらテキストを読み込むことを繰り返すこと。認定試験対策講座とテキスト問題を繰り返し解き、理解が不足していたところを再度配信動画とテキストを繰りかえし視聴し読み込みました。私は要領がよい方ではないので通常の学習同様とにかく繰り返すことが必勝法となりました

Q3.NR・サプリメントアドバイザー資格は、仕事や日常生活のどんな時・場で生かされていますか?

 職務では食事量が低下した方・栄養状態が悪化した方へ対してのアプローチや、大腸刺激性下剤に頼らない排便コントロールなど身体の基となる大切な援助に大いに役立っています。また、講演などでもより専門的に栄養やサプリメントの部分も取り入れた話ができ講演内容が深まりました。
 自身の競技に関しても糖質、アミノ酸、蛋白質、脂質、ビタミンなどによる体の作り方や回復力を早める方法に役立ち、密度の濃いトレーニングが行えています。

Q4.NR・サプリメントアドバイザーの資格取得のために勉強をしてよかったことや、合格をしてよかったと思うことがあったら教えてください

 職務や生活を充実するために大変良い学びになりました。
先入観から避けていた生化学に再び出会うことで、より深く根拠を持った人の体の作りを理解できました。今では代謝マップを見るとワクワクします。
 半年間の学習と札幌から東京の日帰り受験と少し大変なこともありましたが、色々と得るものは大きかったです。

Q5.これから資格取得を考えている人にひとことメッセージをお願いします

 「得た知識を実践に移すことで高まる資格」かと、思います。

Q6.NR・サプリメントアドバイザーの資格を一言でいうと

 サプリメントに興味のある方はもちろん、医療者をはじめ栄養の知識を高めたい方スポーツの競技能力を高めたい方、またその支援、指導を行っている方には相応な資格と思います。
 サプリメントに関する資格は多いと思いますが、日本臨床栄養協会の学会や研修では鮮度が高く深みのある知識を得ることができるため、NRサプリメントアドバイザーは大変信頼のおける資格です。
 忙しい中で取り組まれる方が多いと思いますが、皆様のご健闘をお祈り申し上げます。