2021.05.01

資格を取得し仕事の幅が広がりました

NR・SAサポーター 武山和也 さん

武山和也さん

時には医師からの相談にも応じることもあるという武山和也さん

Q1.NR・サプリメントアドバイザーを受験しようと思ったきっかけはなんですか?

 10数年前健康食品がまだあまり医療に取り上げられていない中、入院患者の中で利用されている方がおられた。医師から薬との兼ね合い等聞かれるが、返答に困るときもあった。携わると、「どのような経緯で利用し始めたのか」、「効果はあるのか」等、こちらも疑問が生じてきた。その時薬学雑誌にNRの広告が目に留まり、迷いもなく受講する事とした。当時は健康食品の取り扱いも曖昧な状況でもあったため、NR・サプリメントアドバイザーでしか「健康食品」を勉学する場がなかった。またそれは今も変わりはない。

Q2.NR・サプリメントアドバイザーを受験するにあたり、おすすめの勉強法や、私はこうやって工夫して合格を勝ち取った!などのエピソードを教えてください

 10数年前と今を比較すると、健康食品の制度の変化ばかりか、多くの健康食品が取り扱われているようになった。近年機能性食品が登場し、消費者への適切かつ有用な使用が求められていると考えます。このためできるだけ言葉で説明できる様に制度(法)への理解とともにそれらを基礎知識とし、健康食品そのものを勉強すると理解はまとまるのではないかなぁと考えます。このため自分で整理し、隙間時間を使って頒布学習で理解をすることで、NR・サプリメントアドバイザー資格は得られたのではないのかなぁと考えます。

Q3.NR・サプリメントアドバイザー資格は、仕事や日常生活のどんな時・場で生かされていますか?

 私は保険薬局で働いています。スポーツ選手のドーピング相談の応需を行っている。健康食品を利用されている方は多くなっている。NR・サプリメントアドバイザー資格により、最新のサプリメント情報を手に入れ、その情報を活用することができるため、スポーツ選手等への体調管理に利用することができているのではないかと考えている。基本的には食事が重要ですが、時としてそれで賄えない状況でも健康食品の利用への理解が必要となってきています。私は、NR・サプリメントアドバイザー資格のおかげでで、スポーツ選手の応援ができていると考えている。

Q4.NR・サプリメントアドバイザーの資格取得のために勉強をしてよかったことや、合格をしてよかったと思うことがあったら教えてください

 保険薬局での業務を通じて、医療での薬とともに健康食品を使っている人は多くなってきたのが実感です。またスポーツ選手のドーピング相談の応需も行っています。相談の内容も健康食品が中心になってきています。NR・サプリメントアドバイザーを得ることで、いろいろな方々の生活や活動を見ることでき、いろいろな方とお話しをすることで、支援ができているのはないかなぁとも考えます。また時に医師からの相談もあり、仕事の幅を広くすることができたのではないかと考えます。NR・サプリメントアドバイザー資格により、サプリメントへの正しい理解とその使用に携わっていると実感している。

Q5.これから資格取得を考えている人にひとことメッセージをお願いします

 私が思うNR・サプリメントアドバイザーの資格は、健康食品の総合的なアドバイザーと考えています。高齢者等の方で使用に関してお悩みの方、いろいろ相談にのってもらいたい方等々、健康食品の使用に関して相談する方がいた方が安心・安全と考えます。自分の生活をふまえて、相談に乗ってもらうことで、より安心・安全を得る事が出来るものと考えます。そんな健康的な生活のための健康食品の紹介や使用等に関して、そばにいるのがNR・サプリメントアドバイザーの立場ではないかと考えます。

Q6.NR・サプリメントアドバイザーの資格を一言でいうと

 健康に関して、病気への予防的な考えが必要です。日頃の体のケアに関して健康食品を利用する事も、より安心・安全な健康を考える機会であると考えます。しかし健康食品をどのように選択すればいいのか迷う人は多いのではないでしょうか。そのような方々の総合的な相談等より添える方が、私が思うNR・サプリメントアドバイザーです。健康食品の総合的なアドバイザーとしてNR・サプリメントアドバイザーの資格を得て、いろいろな方の健康な生活のための支える立場の仲間の一人として資格取得を目指してみて下さい。そして少しでも悩みを抱える方のためにNR・サプリメントアドバイザーになろうではありませんか。