2022.2.1

健康を支える「食」を考える、とても有意義な資格

NR・SAサポーター 大石順子 さん

大石順子さん

書籍「スキルアップのためのサプリ・トクホ相談Q&A」制作にも携わった大石順子さん

Q1.NR・サプリメントアドバイザーを受験しようと思ったきっかけはなんですか?

 2004年、厚生労働省が、適切な「健康食品」の選択に当たって薬剤師のアドバイザリースタッフとしての役割が重要であると公表したことを受け、勤務先の社団法人静岡県薬剤師会が健康食品・サプリメントについての書籍を企画。そのためにはNRの資格が必要と考え、2007年に取得しました。おかげさまで、2008年に「スキルアップのためのサプリ・トクホQ&A(発行:南山堂)」が完成し、基本的な内容が多いため、今でも参考になると思います。

Q2.NR・サプリメントアドバイザーを受験するにあたり、おすすめの勉強法や、私はこうやって工夫して合格を勝ち取った!などのエピソードを教えてください

 資格を得るための受験勉強というよりも、自分(家族)自身の食生活においても、とても役立つ内容であったため、とても興味深く勉強できたように思います。

Q3.NR・サプリメントアドバイザー資格は、仕事や日常生活のどんな時・場で生かされていますか?

 仕事では、静岡県薬剤師会会員や静岡県民などから、医薬品とサプリメントの相互作用などの問い合わせがあり、また、アスリートからはアンチ・ドーピングも考えたサプリメントの相談に活かされ、日常生活では、年代が異なる家族の食生活を含めた健康維持に役立っています。

Q4.NR・サプリメントアドバイザーの資格取得のために勉強をしてよかったことや、合格をしてよかったと思うことがあったら教えてください

 コロナ禍でも問題となっているインフォデミック。情報を意味する「インフォメーション」と、一定の集団や地域での感染症の流行を意味する「エピデミック」を合わせた造語で、主にインターネットを中心に、ある事象に関する大量の情報が氾濫することで社会に影響を及ぼすものです。不正確な情報や誤った情報が急速に拡散してしまうことが懸念され、サプリメントにおいても既にインフォデミックが発生していますが、こうした状況に対して、間違った意思決定をしないような知識が得られます。

Q5.NR・サプリメントアドバイザーの資格を一言でいうと

 健康を支える「食」を考える、とても有意義な資格

Q6.これから資格取得を考えている人にひとことメッセージをお願いします

 仕事として考えるだけでなく、自分(家族)の人生のためにも資格を取得することを勧めます。