2022.12.1

お客様と栄養に関する対話をするためのマストアイテム

NR・SAサポーター 齊藤 登 さん

齊藤 登さん

経営するジムでトレーナーとして働く齊藤 登さん

Q1.NR・サプリメントアドバイザーを受験しようと思ったきっかけはなんですか?

  20年ほど前にNR(栄養情報担当者)という資格の存在を知り栄養学についてもっと学びたいと思いが興味を持ちました。 当時の制度では受験するための条件があり、私はその条件に満たしていかかったため受験を断念しました。 2021年に大塚製薬様よりNR・サプリメントアドバイザーの紹介を受け、私も受験できることがわかり挑戦させていただきました。

Q2.NR・サプリメントアドバイザーを受験するにあたり、おすすめの勉強法や、私はこうやって工夫して合格を勝ち取った!などのエピソードを教えてください

 私の場合、申し込みから受験までの期間が2か月程度しかなかったため模擬問題をベースに学習していきました。 合格するために身につける知識を暗記系と理解系にわけて、それぞれに対して適切な勉強法を用いながら進めていきました。 またわからない専門用語があった場合は、その都度調べて理解を深めました。 試験勉強は、単に試験の問題を解くための知識やスキルを向上させるだけなので、試験後にまた一からテキストを読み込み現場で活かせるよう勉強を行っております。

Q3.NR・サプリメントアドバイザー資格は、仕事や日常生活のどんな時・場で生かされていますか?

 仕事では運動指導がメインとなりますが、身体づくりにはその人に合った適切な食事が大切になるためお客様の目的・目標に応じてアドバイスをさせていただいております。 また、お客様にお伝えする場合に行動科学やカンセリング技法を基に対話をするようにしています。 日常生活では食材を購入するときなど栄養表示を見ながら、自分に合ったものを選択できるようになりました。

Q4.NR・サプリメントアドバイザーの資格取得のために勉強をしてよかったことや、合格をしてよかったと思うことがあったら教えてください

 NR・サプリメントアドバイザーの勉強を通じて、栄養に関する生理学・食品機能・行動科学・社会制度など多くのことを学ばせていただきました。 受験前と比べると、お客様へのアプローチの幅が広がりより全体を見ながらサポートできるようになりました。 NR・サプリメントアドバイザーを受験して本当によかったです。

Q5.NR・サプリメントアドバイザーの資格を一言でいうと

 お客様と栄養に関する対話をするためのマストアイテムです。

Q6.これから資格取得を考えている人にひとことメッセージをお願いします

  あなたならできる。さあ自分と未来を変えるチャレンジをしよう!