第16回NR・サプリメントアドバイザー交流研修会のご案内

第16回日本臨床栄養協会主催『NR・サプリメントアドバイザー交流研修会』
テーマ:明日から使える!「相談者」への対応方法と評価

過去好評につき、模擬患者対応第4弾を開催します。様々な模擬患者への対応を通じ、「明日からすぐ実践できる」ポイントについて学習します。より実践的な研修で皆さんが考えを出し合い、講師・ファリシテーターを交えた相互の意見交換を通じ、生活者に正しく情報提供のできるNR・サプリメントアドバイザーを目指していきます。

日時…2020年4月12日(日) 11:30~17:00(11:00受付開始)
会場…東邦大学医療センター大橋病院 臨床講堂(東京都目黒区大橋2-22-36)
*東急田園都市線(半蔵門線直通)「池尻大橋」駅北口下車徒歩3分
参加対象者…NR・サプリメントアドバイザー
テーマ…明日から使える「相談者」への対応方法と評価
定員…36名
参加費…4,100円(弁当付。当日現金払い。)
申込方法…申込受付は終了いたしました。

【プログラム】
進行 柿木孝志(日本臨床栄養協会情報部 コミュニケーション室長)
●第1部…講演:堀 美智子(日本臨床栄養協会理事・副作用情報室長/医薬情報研究所㈱エス・アイ・シー)
●ランチョンセミナー
●第2部…模擬患者対応・評価

様々な模擬患者に対して、グループごとに患者背景の読みとり、問題点を正しく見つけ出しどのような対応をとるかロールプレイを実践します。互いに内容を評価し、明日すぐ使える具体的な対応について仲間とともに考え、習得します。
●交流会…資格者同志の交流の場としてご活用下さい。